楽してお金を稼ぐことは悪い事なのか?

お金を稼ぎたい、って思う事は悪い事なのかと憤りを感じる事がよくあります。

僕は金がほしいとかよく言うのですが、

ケチとか、お金にシビアとか、卑しいとか、そんなことばかり言われます。

日本人って文化的に、「清貧」が美徳みたいな風潮があって、

お金の話をすることは下品だ、とか

日本人は慎ましやかに働くべきだとか、

汗水流して苦労して働くことが美徳、みたいな考えが根付いてます。

目次

日本人の価値観、清貧

僕は汗水流して働く事と、いい曲をつくったり話術で笑わせたりすることは、

同等の価値があると思っています。

部屋でパソコン使ってお金稼いでます、とか言うと、

汗かいて働かないとダメだよ、みたいなこと言われます。

でも、実際お金を稼ぐ能力が無い人はもうダメなんですよね。

あなたは会社で何をしてるの?って話です。

会社はあなたに稼いできてほしいって思ってます。

会社で働くとは、会社の為に働くことです。

僕ら労働者は、働いてお金を稼ぐ事には、働いて会社を儲けさせないとダメなんです。

だから稼ぐこと、お金を稼ぐことを考えないとダメです。

それでも、稼ぐことは二の次に、額に汗かいて働く事が大事なんだ、みたいな…

別に働き方は個人個人で価値観があっていいのですが、

稼げない奴、って評価になると、会社は要らないって言いだすんです。

大前提として、会社はお金を稼ぐ場所です。

どんな状況であれ、稼ぐことを念頭において働く事が大事です。

お金は必要ないのか?

家族はどう思っているかというと、

やっぱり稼いできてほしいとおもってるんです。

残酷な話ですが、

富裕層の子供は教育にお金をかけられるので

レベルの高い会社に入ってさらにお金持ちになれます。

親や彼女は、好きな仕事をしていいよ、とか言ったりしますが、

お金がなくてもいいよ、みたいなことを言う人とかいません。

お金があると、子供は幸せになれる可能性があがります。

そんな大事なお金なのに、

世の中はお金じゃないよ、的な価値観には疑問が湧きます。

お金の価値

パソコン使って楽に稼いだお金と比べると、

汗水流して働いたお金の方が、価値があるように感じます。

それは僕も、価値があるように感じます。

でもそれって、マラソンした後に飲む水は美味しく感じる、みたいな話なんですよね。

僕も、汗だくのときに飲む水はとてもおいしく感じます。

でも、マラソンなんてしなくても水なんて飲める水だったのかもしれないです。

ほんとにその42キロ走ることに意味があったのか、って話です。

会社にとっては、あなたが42キロ走って持ってきた水も

楽に見つけて持ってきた水も、同じ水です。

苦労して持ってきた水も、楽して持ってきた水も、同じ水です。

42キロ走る。それは無用な労働だったわけです。

あなたが頑張って42キロ走って、美味しい水を見つけておいしかった、というのは、自己満です。

周りの人は、42キロも走らずに、疲れずに効率よくさっさと水を持ってきてほしいと思ってます。

お金を持っている人は、お金の話をすることがどれだけ大切か知っている

お金を稼いだ人は、お金を稼ぐことに価値が無いなんて思わないですし、

逆に、お金持ちは簡単にはお金の話を口にしません。

お金を稼ぐことは悪、と思う事は早めに捨てた方がいいです。

もちろん汚い事をして稼ぐお金は別ですが。

自分の能力を高めて、価値を提供して、美味しいものをつくって、音楽と作って、笑わせたり泣かせたりする事はとても価値があって、汗を流して働いてるに等しいです。

見た感じ遊んでいるように見えるても、

それはとても価値のある事です。

よかったらシェアしてね!

スポンサーリンク

目次
閉じる