給料額より「本当の手取り額」に注目すべし!

どうもこんばんは、松本です。
今回は仕事とお金、両方に関わるお話しになるんですが、見かけの給料額に惑わされるな!という話です。

目次

同一の仕事で年収300万VS年収500万

例えば仕事内容が同じなのに年収300万と年収500万、どちらがいいですか?と聞かれたら、当然500万を選びますよね。
でも、この部分だけで仕事を選ぶと、大きな罠が待ってます。
500万の職場はどこにあるんでしょうか?
東京にあって、家賃が安いところだと通勤時間が長くて、近ければ狭くて高くて…そんな500万と、
実家とか、会社のすぐそばに住んでて安いアパートとか、そもそも家賃のかからない実家暮らしとか
その場合、どちらがたくさんのお金を残せるでしょうか?

残せるものはスキルと貯金

これがほんとうに間違ってる人が多くて…
年収がモチベーションの人もいると思いますが、やっぱり残るお金が大事です。
会社は自分のものになることはありません。
あくまで経営陣・株主のものです。
自分に残せるものって、会社で得たスキルと、貯金です。

地元は給料が安い→都会で就職→お金がかかる→貯金できない

スキルに関しては、年収に関わらず残せます。
では、貯金です。
九州から大阪に出てきたんです。
実家周辺だと18万とか19万しかもらえる会社がなくて、大阪で1人暮らしをして暮らしてる。
それで、給料は手取り20万そこそこです。
それで家賃は6万、車も必要だからローンで買って…
自炊とか電気代とか、1人暮らしの経費もかかるでしょうし、5年働いて貯金できたの?って聞くと…ないでしょうね…
もし実家に居て19万の仕事してたら、めちゃくちゃお金貯まってましたよね…
たまに実家が無くて苦しい思いをしてる子もいますし、そういう子はつらいと思いますが。
ほとんどの子は地元でそのまま就職したらお金が残せます。

「都会がダメ」というわけでなく、ちゃんと考えたかどうか

実際にそうやって都会に出てきて、年収500万を得てる子って、スキルアップを狙って都会に出てきてるはずです。
でも、そういう子って目の前の生活と仕事でいっぱいいっぱいなんですよね。
仕事して、家に帰ったら自炊してもう寝る時間、とか。
しかも、知り合いは全く居ない。
会社の人しか知り合いもいなくて、毎日がつまらない…
会社で得られるスキルってそんなにかわらない事が多いんです。
ほんとうなら時間をとって、資格勉強したり本を読んだりして、
同業種で転職をしていって、どんどんスキルアップしていけるはずなんです。

正月とかに実家に帰ると、生活もカツカツなのに高い新幹線代とか払って、必死の思いで実家に帰ると、地元の安い給料の子が家とか建ててたりして、もう実家に帰りたいとか。
そういう事考えたりする子ってすごく多いです。
なので、見かけの収入・年収に惑わされずに職場を選ぶことが重要です。

よかったらシェアしてね!

スポンサーリンク

目次
閉じる