名古屋市中区の「仁王門湯」はお湯の温度が高いので、サウナ無しでも「ととのう」のだ!あと、お正月に奇怪生物つみをに遭遇した時の話。

目次

大須の思い出

僕は昔、名古屋に住んでました。

仁王門湯のある「大須」という街は、

オシャレな街でもあり、サブカルな街でもあり、アングラな街でもあり、電気街でもあり、オタクの集うアニメの街でもあります。

そんなごちゃっとした街の雰囲気が大好きで、

20代の頃は週末毎に大須に出掛けては、

お香屋にいって法にふれてそうなお香を観察したり、

アジアン雑貨の店でカエルの置物を購入したり、

イタリアの古着を買いに行ったり、ピザを食べたりしてました。

そんな俺の大須という街には、

ひときわお湯の温度が高い事で有名な銭湯があります。

びっくりするくらい熱いお湯ですよ!

仁王門湯に入ってきた!

お正月。

大須商店街はとんでもない人込みで、人混みが嫌いなら行くのはためらうでしょうね。

ちなみに仁王門湯の最寄り駅は地下鉄鶴舞線「大須観音駅」

大須周辺で待ち合わせをするならコメ兵がおすすめです。

大須観音駅から東へ徒歩5分ほどでコメ兵の看板が見えてきます。

コメ兵の裏手に大須公園っていうでかめの噴水のまわりにベンチがはりめぐらされてる公園があるので、

ここから南に徒歩3分ほど。

若干見つけにくいけど、コインランドリーを目印にするといいです。

仁王門湯は、真ん中に湯船が3つあり、深い湯舟、浅い湯舟、電気風呂。隅には水風呂とジェットバスがあります。

この真ん中の3つの湯船のお湯が、でら熱い!

温度計がなかったので憶測ですが、50度近いように感じました。

熱いのを我慢して、必死で耐えて、

水風呂に入ったら、

快感です。

仁王門湯は名古屋に住んでた時、大須に遊びに行ったときに時々寄ってたのですが、

仁王門湯の熱い湯に入ってのぼせる寸前で水風呂に入るとふわっと気持ちよくなる感覚が楽しみでした。

この感覚を、最近では「ととのう」というようですね。

仁王門湯にもサウナはありますが、別料金で100円かかります。

仁王門湯は、シュパッとお湯を浴びて、大須散策にでたいので、

今までサウナを利用したことはなかったのですが、

ここのサウナは100℃超えているそうで、熱いサウナが好みの僕は次回の仁王門湯に行ったときは是非、サウナも堪能したいです!

仁王門湯の住所・営業時間・休業日・料金は?

仁王門湯の外観
よかったらシェアしてね!

スポンサーリンク

目次
閉じる