デンタルフロスのメリット。やりづらい奥歯のケアの方法や使用頻度、おすすめのフロスなど。

日本ではデンタルフロスを使う方は少ないそうですが、ドラッグストアなどの口腔ケアコーナーを見ると、様々なデンタルフロスが並んでいます。

歯ブラシだけでは歯と歯のすき間、隣接面にはブラシが届かず、プラークが残ったままです。

デンタルフロスのメリット。やりづらい奥歯のケアの方法や使用頻度、おすすめのフロスなど。

単純に右側と左側の面は磨けていないので、4割は磨けていないことになります。

僕が通っていた歯科技工士専門学校は歯科衛生士科が併設されていて、特別講座として衛生士の先生がブラッシングの指導をしてくれたことがあるのですが、恥ずかしながら高校卒業時あたりまで、フロスはあまり使ったことがなく、僕の歯はほとんどインレーやレジンが詰まってます。。

目次

デンタルフロスのメリットは?

デンタルフロスのメリット。やりづらい奥歯のケアの方法や使用頻度、おすすめのフロスなど。

歯ブラシだけでは歯と歯の間の面、隣接面が磨けないので、デンタルフロスを使う必要があります。

歯垢除去の他にも、虫歯や歯周病の発見や、詰め物が割れていた時の早期発見にもつながります。

フロスの使用中にフロスが切れてしまったり、バラバラにほぐれてしまっている時は、詰め物が合っていなかったり、虫歯で歯に凹凸が出来ている可能性があります。

また、不自然に血が噴き出てくる時は歯周病の疑いも出てくるので、そんな時は、早めにかかりつけの歯科医院に相談しましょう。

デンタルフロスと歯間ブラシの使い分け方は?

デンタルフロスのメリット。やりづらい奥歯のケアの方法や使用頻度、おすすめのフロスなど。

歯間ブラシは主にブリッジの連結部分の清掃に使います。

デンタルフロスが歯の隣接面を清掃するのに対し、歯間ブラシは歯と粘膜面の間、歯と歯グキの間を清掃するのにつかいます。

歯間ブラシが入らないほどのすき間であれば、ムリに使うとかえってトラブルをおこすので、かかりつけの歯科医院に問い合わせてください。

デンタルフロスの使い方は?

1回分の使用分のフロスをケースから取り出し、左右の指に3~4回巻きつけ、使いやすい長さに調整します。

デンタルフロスのメリット。やりづらい奥歯のケアの方法や使用頻度、おすすめのフロスなど。

1回の長さの目安は30㎝ほど。歯と歯の間にフロスを入れて、歯を巻き込むように上下に動かし、歯垢を落とし、隣接面をきれいにします。

デンタルフロスの使用頻度は?

僕の歯は歯間に食べ物が挟まりやすい形態をしているので、少し気になったらすぐに歯磨きとフロスを使うのですが、原則として1日1回、夜寝る前がいいようです。

夜の寝ている間は唾液の分泌が下がり、虫歯、歯周病の原因になるジンジバリス菌やミュータンス菌が繁殖しやすい環境になるので、寝る前に綺麗にしておくのがいいようです。

デンタルフロスの選び方

デンタルフロスはいくつか種類があるのですが、おおまかに分けると、

ワックスタイプ、ノンワックスタイプ、柄のついたタイプがあります。

ワックスタイプは滑りが良く、扱いやすいのです。

ノンワックスタイプはワックスがついてないので滑りが悪いのですが、その分広がりやすく、歯垢を絡めとりやすいです。

僕はコスパと扱いやすさから、ワックスタイプを選ぶことが多いです。

オススメのデンタルフロス

よかったらシェアしてね!

スポンサーリンク

目次
閉じる