インプラントの補綴装置の固定方法の選択方法。セメントリテインとスクリューリテイン。

インプラント体にインプラントの上部構造を装着するときは、

アバットメントに歯科用セメントを使って固定する方法と

インプラント体にスクリュー固定をする方法の2通りがあります。

それぞれに利点がありますが、

装着後のメンテナンスのしやすさから、

スクリューリテインを選択されることが多くなっています。

目次

セメント固定法(セメントリテイン)の利点・欠点

上部構造を装着するときに、

アバットメントにセメント合着する方法で、材料は各症例に応じて選択する。

利点

①セメントラインにより上部構造とアバットメントの誤差の補正ができる。
②スクリューホールがないため、正確な咬合付与と審美回復が可能。

欠点

①余剰セメントの取り残し炎症の危険性
②アバットメントのゆるみや歯周粘膜の炎症が起きた時、補綴装置を割る必要がある。

スクリュー固定(スクリューリテイン)の利点・欠点

利点

①上部構造の着脱が可能なため、清掃性が高い
②スクリューの締め直しが可能

欠点

①レジンによるスクリューホールの処理が必要
②インプラント体の着脱方向に平行性が認められる症例に限られる

まとめ:セメントリテインとスクリューリテイン

大まかにまとめると、

セメントリテインは審美領域、

スクリューリテインはメンテナンス性の高さに利点があります。

よかったらシェアしてね!

スポンサーリンク

目次
閉じる