糖尿病と喫煙はインプラントのトラブルの原因になります。早めに治療をしましょう!

目次

糖尿病と喫煙はインプラントのトラブルを招きます

喫煙と糖尿病はインプラントに思わぬトラブルを起こします。

糖尿病や喫煙以外にも、

肝炎・肝硬変・骨粗しょう症など、

全身の疾患には事前の調査が必要であり、

免疫不全・薬物中毒の患者にはインプラントは打てません。

ここでは有名な糖尿病と喫煙のインプラントへの影響を

みなさんにお伝えしたいと思います。

糖尿病のインプラントへのリスク

糖尿病は、免疫機能の低下と炎症反応の増加を招きます。

当然口腔内へも悪影響があり、

インプラント治療に対するリスクが高まります。

炎症反応を増加させ、口腔内での感染を増加させるので、

インプラントの成功率が下がります。

歯医者もインプラントのオペを断ることがあるようですが、

オペの前に血糖値のコントロールをして改善が見られた時は、

インプラントが打てます。

喫煙のインプラントへのリスク

インプラントはチタンと骨を結合させる手術です。

チタンと骨を結合させるには、

血流が豊富でなければいけません。

タバコの煙にはニコチンが含まれていますが、

ニコチンは血管を収縮させてしまいます。

また、切開した傷口は、

喫煙によってふさがりにくくなります。

インプラントの相談を歯医者にすると、

まず禁煙することをすすめられます。

10年後のインプラントの生存率

は喫煙者と非喫煙者を比較すると、かなり下がります。

特に、喫煙と歯周病の治療歴のある患者と、

非喫煙で健全な歯周組織の患者では、

インプラントの生存率には10%の差があり、

骨吸収が起こる割合は喫煙、歯周病歴のある患者で75%、

非喫煙・健全な歯周組織の患者の場合20%と、

55%の差があります。

喫煙と糖尿病はインプラントのリスクファクターです。早めの生活習慣の見直しをしましょう!!

喫煙と糖尿病はインプラントの失敗、

骨吸収を起こしやすくなります。

喫煙されている方は禁煙に挑戦、

糖尿病予防の為に早めに食生活などを見直し、

予防に努めましょう。

歳を重ねていくとどうしても、

歯を抜かないといけない時がくるかもしれません。

その時の選択肢として、インプラント治療が出来るよう、

早めに対処していきましょう!

よかったらシェアしてね!

スポンサーリンク

目次
閉じる